新型コロナウイルスの影響を受けた文化芸術関係者の方を支援するための制度等のご案内

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた文化芸術関係者の支援制度が、福岡県よりまとめられましたのでお知らせいたします。

まだまだ舞台公演や展覧会などを開催することが難しい状況が続きますが、さまざまななアート活動に活用が考えられる支援がありますので、ぜひご確認ください。

【福岡県】 新型コロナウイルスの影響を受けた文化芸術関係者の方を支援するための制度等のご案内

アートイベントのお知らせ

イべントのお知らせです。

8月8日(土)〜10日(月・祝)にサザンクス筑後にて「夏のちょこっとフェスティバル」が開催されます。落語あり、人形劇あり、歌あり、ダンスあり・・・いろんなステージをちょこっと体験!!

==

夏のちょこっとフェスティバル

【開催日】2020年8月8日(土)〜08月10日 (月・祝)

【イベント内容】8月8日(土)月光亭落語会&ピエロック一座&ピエロック一座映画

8月9日(日)歌と踊りと演奏&オトメな童話・・&ピエロック一座映画

8月10日(日)和太鼓 UNIT「壱打」&参加型ダンス

【会 場】サザンクス筑後[地図を開く]

詳細はこちら→https://www.sathankusu-chikugo.or.jp/chokofes2020

展覧会のお知らせです。

8月1日(土)〜9月22日(火)に九州芸文館にて「スペインの巨匠 ミロ展ーみてミロ!が開催中です。フランスの女性詩人、作家のリーズ・イルツとの共同制作で、ミロの版画作品第一作目となる「一羽の小さなカササギがいた」やスペイン内戦に際して制作された有名なポスター「スペインを救え」などを含む初期から晩年までの選び抜かれた全146点を紹介。

==

スペインの巨匠 ミロ展ーみてミロ!たのしんでミロ!

【開催日】2020年8月1日(土)〜9月22日(火)

【時 間】10:00〜17:00 (入場は16:30まで)

【会 場】九州芸文館[地図を開く]

詳細はこちら→http://www.kyushu-geibun.jp/main/4958.html

アート鑑賞ツアー参加募集のお知らせです。

8月29日(火)、30日(水)、9月6日(日)に、福岡市美術館にて「バリアフリーギャラリーツアー」が開催されます。それぞれのからだの個性を活かしてコミュニケーションを楽しみながらの鑑賞ツアー。

==

視覚障がい者のためのおしゃべりとてぜわりのツアー

目の見える人、見えない人が一緒になって作品鑑賞をします。触れられる作品や教材も使って おしゃべりしながら鑑賞します。応募の際に、視覚の程度をお知らせください。なお、目の見える方もご応募できます。
【開催日】2020年08月29日(土)

【時 間】14:00〜15:30

【会 場】福岡市美術館[地図を開く]

詳細はこちら→https://www.fukuoka-art-museum.jp/event/11826/

==

聴覚障がい者のための目で聴くツアー

手話通訳者を介して、対話をしながら福岡市美術館のコレクションを鑑賞します。応募の際 に、聴覚の程度をお知らせください。
【開催日】2020年8月30日(日)
【時 間】14:00〜15:30

【会 場】福岡市美術館

詳細はこちら→https://www.fukuoka-art-museum.jp/event/11829/

==

車いす利用者のためのみんなで車いすツアー

福岡市美術館のコレクションを対話型ツアーで鑑賞します。トークをする学芸員も車いすに乗 ってツアーをします。車いすユーザーでない方もご応募できますが、その際、当館が用意する 車いすに乗って参加していただきます。
【開催日】2020年9月6日(日)

【時 間】14:00〜15:30

【会 場】福岡市美術館

詳細はこちら→https://www.fukuoka-art-museum.jp/event/11830/

ワークショップ参加者/作品出演者募集のお知らせです。

8月と10月に福岡のダンスアーティストマニシアと工房まる所属のmaruダンス部による身体表現ワークショップ、作品の上演を予定しています。応募詳細は随時更新いたしますので、楽しみにお待ちください。

==

オンラインワークショップ「カラダだから・だからカラダ2020」

【開催日】2020年9月6日(日)

【時 間】11:00〜12:00

※zoomを使用してご家庭で参加可能

==

作品上演「カラダだから・だからカラダ2020」

【開催日】2020年10月10日(土)クリエイション

      2020年10月11日(日)本番

【時 間】未定

【会 場】福岡市美術館(予定)

お申込み・お問合せ:一般社団法人パラカダンス《info@paracadance.com》

「FACT」はじめました

2020年4月に福岡県より、福岡県障がい者芸術文化活動支援センターとして採択された「FACT」。

2018年8月から「九州障害者アートサポートセンター」の運営を活動を行なっている「NPO法人まる」が同時に運営をすることになり、以前まで運営をされていた「SCORE」さんから情報を引き継ぎ、4月から今年度の計画を練っておりました。6月より新たなスタッフが1名加わり、治らないコロナ禍の状況でどのようなサポートを行っていくべきかを日々考えてきました。

最近スタッフたちは、リモートでさまざまな研修を受講してまして、そこで学んだことを実践に活かすべく、事務所の壁を使ってシミュレーションしながら熱く時には楽しそうに議論しています。隣の部屋からちょくちょく笑い声が聞こえるので、気になって仕事にならない私(樋口)もたまに参加させてもらってます。

コロナが治まるのを期待して、近いうちにみなさんとお会いして話せる日が来ると思っていましたが、のんびり待つこともできませんので、9月中旬にはリモートでの相談会を開催したいと思います。

詳細は、決まり次第情報を公開しますので、しばらくお待ちください。